中学生の数学対策

小学校の時から算数は苦手だった。

小学校の時は算数は得意だったが中学校に入って急に難しくなったと感じてキライになった。

小学校時代の算数から元々好きではない科目であった。

自宅で一人で中学数学の教科書を勉強するのは苦痛。

中学校の数学の授業の補習塾を探したい。

中学校の数学の初歩の初歩のキホン、入門レベルからもう一度やりなおしたい

 

 

 

 

 

中学生が数学に苦手意識を持った時

中学生に対して嫌いな教科、苦手な教科をあげてください。といったときに必ず上位に食い込んでくるのはいつの時代も数学です。

これほどできる生徒、できない生徒が明確に別れてくる科目は他にありません。

出来不出来がハッキリわかるためにその分、高校受験や中学の定期テストでは点差が明確につきやすい科目といえます。

ちなみに中学校時代に中学数学に対して苦手意識を持っている場合、高校数学ではかなり苦しむこととなります。

中学数学はたとえそつなくこなしても高校生になってから高校数学に対して極端に苦手意識を持つ生徒はたくさんいるからです。

 

 

 

 

 

中学生の数学について苦手克服法

数学は一見発想やひらめきが大事で元々の性格や特性が大事な科目に見えます。

しかしながら意外と基礎・基本の積み重ねが大事な科目でもあります。

積み重ねが大事な科目ということは地道な基礎・基本の繰り返しが非常に大事な科目である

といえます。

 

 

 

 

 

 

 

中学生の数学苦手分野について

中学生に対して数学のどこが苦手分野かい?と聞いてみると返ってくる答えは様々です。

図形が嫌だという生徒から文章題がニガテという生徒、方程式がよくわからない、計算自体を毎回間違えるという生徒まで

十人十色の生徒さんがいます。

苦手な生徒さんにとって数学ほど苦手意識が強く面白くない科目は他にはないかもしれません。

中学校1年生の最初の頃は普通だったがいつの間にやら数学イヤになった中学生は昔からたくさんいました。

 

 

 

 

 

 

中学生が数学嫌いな理由

令和時代の現在はスマホのアプリに計算機が搭載されている時代です。

またコンビニで買い物をするときも電子マネーやSUICA、QRコードで

自分自身で計算をする機会はめっきり減った時代になったといえます。

日常生活で見慣れない数式をいじくったり、計算するのは抵抗がある生徒さんが多いのかもしれません。

また数式というのは抽象的で、具体性があまりなく計算するのがぴんと来ない中学生が多いのかもしれません。

また数学というのは基礎・基本からの積み上げが大事な科目なだけに歴史や地理のようにこの時代だけ勉強しよう

この国は興味あるから念入りに勉強しようといったつまみ食い的な勉強がしにくい科目特性があると思います。