中学生の英語対策

中学生が英語を勉強する場合の対策。

これは中学生で英語が好きだったり、得意だった場合はさほど苦労することなく英語の学習を進めていけると思います。

この場合さほど英語に力を入れなくても生徒さんはスー—と英語を勉強していきます。

逆に生徒さんが英語が嫌だと言っていたりあまり好きではない場合、既に学校の授業についていけなくなっている可能性が高いです。

放置すれば英語が苦手科目になっていく可能性もあり早急な対策が必要となります。

 

 

 

中学生で英語について苦手意識がある場合

もし生徒さんが英語について苦手意識がある場合

徐々に学校の定期テストの英語の点数が下がってきた場合。これらはあまりよくない兆候といえます。

英語は数学ほどはないにしても苦手にする生徒が多い科目であり、英語数学は点差の開きやすい主要科目といえます。

生徒さん自身の英語に対する苦手意識は大事なシグナルといえます。

 

 

 

 

中学生で英語を苦手な割合

中学生に苦手科目でアンケートをとりますと苦手な人の割合が多いのは数学であることが多いです。

数学は出来る人と苦手な生徒さんがハッキリ分かれてくる科目です。

英語は数学ほどではありませんがやはり苦手意識を持つ生徒さんの割合が高い科目で点数差のつきやすい科目です。

特に中学1年の頃は英語は好きな科目であったが中学2年、中学3年となるにつれてだんだんと英語に苦手意識を持つ生徒さんの

割合は増加してくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

中学生の英語が苦手な理由

中学生が英語を苦手になる理由を聞いてみると様々です。

なんとなく英語が嫌だ~

全然英語が好きになれない

中2くらいからだんだん英語がキライになった。。

そこにはたくさんの理由がありますが

それだけに英語は中学生の主要科目ともいえます。

 

 

 

 

 

 

 

中学生の英語が苦手で克服

中学1年生の最初の最初の入門・初級レベルから英語の基礎・基本をおさらい、徹底復習を繰り返しましょう。

X塾は英語の苦手克服、そのためのお手伝いをできればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生が英語が苦手な場合の勉強方法

やりなおし英語、中学校の補習塾としてX塾は生徒さんに寄り添って

勉強方法を生徒さんと試行錯誤します。

 

 

 

 

 

中学生で英語を苦手にする場合の脱出方法

もしお子さんが中学生で英語が苦手だった場合、脱出する方法は

①英語に興味や好奇心をもってもらうようにする

②英語を好きになるように楽しく

➂中学1年生のキホン、基礎の基礎からもう一度やり直しをする

④反復勉強をして英語のキホン、基礎を入門レベルからやり直しを繰り返す

ことが有効です。

 

※もし国語は得意なのに英語は苦手だった場合、英語が苦手なケースからの脱出可能性は結構あるかもしれません。